ダイアログBar高松2017~今回のテーマは「見る目、気づき、ほめる言葉が人を育てる」

今回のテーマは「見る目、気づき、ほめる言葉が人を育てる」

2017年度の大テーマは『育む(はぐくむ)』です。2017年度の大テーマは『育む(はぐくむ)』です。今の地域や教育という場での育むという営みをどうとらえ、どのように日々の活動に繋げていけばいいのか、ゲストや参加者と共に対話したいと思います。
NPO法人ソーシャルベンチャーズ四国が行う、こういった機会を継続して提供していく活動が、当事者でもある私たち市民の課題意識の醸成にもつながり、より素敵な高松のまちづくりの基盤にもなると考えています。

 ゲスト:
  乾 孝治さん (いの町教育委員会事務局 菊池学園担当 副参事)
  納田 健太さん (高松市立十河小学校 教諭)
 日 時:平成30年2月3日(土) 13:00~17:00 (開場 12:30~)
 場 所:場 所:生涯学習センター「まなびCAN」小会議室
    (高松市片原町11番地1) 
 参加費:無料  (懇親会は有料)
 参加申込はこちら⇒https://ws.formzu.net/fgen/S6225824/
 ※イベントの参加予定ボタンでもOK!

ゲストプロフィール:乾 孝治さん (いの町教育委員会事務局 菊池学園担当 副参事)

福岡県生まれ高知県育ち。大学卒業後、高知県で2年間講師をしたのち、中学校数学教員として採用される。採用2年目には、当時高知県で実施されていた教員企業研修(半年間)では、NTTに出向。11年間学校で勤務後、いの町教育研究所研究主事として2年間勤務。その後、学校へ復帰予定のはずが、いの町教育委員会事務局研修指導員として5年間勤務。更に、教員を割愛退職し、現職に到る。共著に「一人も見捨てない教育の実現 挑戦!四国四県からの発信!」(中村堂)

ゲストプロフィール:納田 健太さん(高松市立十河小学校 教諭)

香川県出身。広島大学教育学部卒業後、香川県内小学校で7年間勤務。2年間の県立五色台少年自然センター自然科学館での勤務を経て、現在、高松市立十河小学校教諭。
 「すべての子どもたちに幸せになってほしい」という願いのもと、ことばを大切にした成長の授業を通して、コミュニケーションあふれる教育を目指しています。
 公の社会の場に通用する、考え続ける人間・豊かで確かな対話力を持った人間を育てていきたいと考えています

<申し込み方法>
下記いずれかの方法で、お申込みください。(現在準備中)
お問合せフォームから
ダイアログBar高松2017チラシ見本) (3)
フェースブックページイベントから
FAX: 087-842-5740
申込締切:2/1(木)

日常のご連絡はフェースブックを通じてさせていただくことが多いです。まずは「いいね」を押して下さい。

カテゴリー: ダイアログバー, 未分類 パーマリンク